ひとこと

とある情報と日常についてをコトコト書いてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こはぜん。ぜんはこ?

今日、ちょっとお天気も良かったので事務所前の綿を見に行った。
先日にみたより、ちょっとふっくらしていたので
ふみふみと一個収穫してみた。
・・・・他のはまったく弾けていなかっただけなのですが。
ふわふわでやわらなか綿。
みているだけでゆったりとした気分になります。
むふふ。
一個収穫




・・・本日の更新・・・
いも掘りイベントレポート
5枚も載せれば足りるのに
ついつい数を間違えて、沢山加工してしまったので
エコ的(貧乏症)に全部のせました。

先日届いた瀬戸内トラストニュースという小冊子をみてみた。
(理解しているか微妙なところなので、読むというよりみる。)
そしたら、産廃の調査でお世話になった関口先生の名前が載っていた。

愛媛県今治市桜井・沖浦海岸から硫化水素検出というタイトルのとこ。
砂浜から硫化水素ガスが出て、付近で悪臭が漂っているという。
そこから100m上流の産廃処分場の排水が原因なのだが、
環境省も、県議会も問題なしと判断したという。
大まかに言うとそんな感じ?
(間違っていたら突っ込みよろしくです)

硫化水素がどんなもので、環境基準値の5400倍が検出といわれても
いまいちピンとこないけど(勉強不足ですみません。)、
とりあえず、普通じゃない、健康によろしくない、
字面的に生命も危機っぽいということはわかる。

子供を遊ばせるにも安心していられないでしょう。

どうして親身に取り扱ってくれないのでしょうか?
きっと役所の個々人の担当の方は、市民のために努力をしてくれているのでしょうが、それがまとまるとどうして間逆の方向に行ってしまうのかね?
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。