ひとこと

とある情報と日常についてをコトコト書いてます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やった。

桜染めやってきました。
というわけで、以下ワタクシごと。

今日も暖かい一日でしたね。
おかげさまで充実した一日を過ごしました。

サークルの会長さん宅にて念願の桜染をやってきました!!
桜・サクラ

桜染昨日、桜の枝を使って煮出した染液(一晩寝かせるのがポイントです)に水洗いした染めたいものを入れます。
今回染めたものは、ハンカチとハンカチの端。ハンカチの端というのはですね、工場でハンカチを作るときに切り取られるハンカチの端の端。
本来なら捨てるものですが、裂き織りの材料にはモッテコイ。

桜染め 媒染染液に20分くらいちゃぷちゃぷしたら、絞って、水洗いして媒染液につけます。媒染は酢酸アルミニュウムを使いました。酢酸というだけあって、すっぱいにおいがします。こちらも20分くらいちゃぷちゃぷ。
その後、水洗いして、再度染液につけます。


定着財染液に付けた後、フィックスという定着液につけて脱水して干します。




今回は、桜染だけでなく、”くちなし””姫踊り子草””よもぎ”もそめました。

くちなし本来なら、くちなしの実を使うそうなのですが、今回は、スーパーで売っていた紙パックに入っていたものを使いました。栗きんとんの色付けに使うヤツです。綺麗な黄色ですよね。お鍋でクツクツ80度くらいになるまで暖めます。こちらもハンカチの端を染めました。


くちなし 媒染(銅)くちなしに使った媒染は、銅媒染。すっごい綺麗な緑色でした。※使用する場合は破棄方法など気をつけましょう!ね?液がちょっと緑色でしょう?工程としては桜染と一緒です。媒染につけると徐々に染めた色が変わってきます。黄色が緑色に変わったり、色が濃くなったりしてきます。変化を見るのが面白い。


踊り子草で、楽しくなってきたので、もっと他にも染めたいわということで!野草取りに出発。ヨモギを染めてみようということになったんですが、空き地で見つけた←姫踊り子草。この草がいい色に染まるというので早速採取。ぶっちぶっちとっていきます。この花。なかなか見ないですよね。ヨモギがついでのようになってしまいました。ついでにクコも採取。


踊り子草 くつくつ鍋にぎっちり。こんな感じでくつくつ煮出していきます。同時進行でヨモギも煮出してたりします。初めて染める、この草は、何色に染められるのかわくわくしてまちました。そして、銅媒染をかけ、とても綺麗な緑色がでたのでした!!


完成というわけで、完成!!画像小さくてすみません。見やすいようにカットしたらさらに見づらくなりました。…すみません。で、奥のピンクが桜染、手前、左の黄色がくちなし、右が姫踊り子草。ヨモギがまだ染液の中です。

まとめにならないまとめどころかまとめじゃないから。
全体的に楽しかったです。桜染は、1番液なのでオレンジ色が強く出るといわれたのですが、どっこい、愛らしい桜色になりました。一晩置くと赤色が強く出るようです。綺麗だなぁ。でも、やっぱり、生地によっても色が違いました。同じ綿でも下処理したものと、そうでないものと、生地の厚さでも全く色の入り方が違ってました。
今回の材料、くちなしはともかく、家の周りにあるものに徹底してました。染料屋から買うのではなく、近くにあるものを利用するという心意気が好きです。桜も裏庭にあるものを切ってきたそう。でっかいタライにまだまだ染液が残っていました。媒染剤いれるときのアバウトさも惚れるくらい豪快でした。経験があるからでしょうが。
次の休みは、私もやるぞ桜染。あとたまねぎ。酢酸アルミはないから焼きミョウバンで代用だ!
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。